忍者ブログ

あれこれきまぐれレビュー

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Home > > あかね空(山本一力)

あかね空(山本一力)

2015/07/07 (火) | カテゴリ:本

山本一力著『あかね空』
直木賞受賞作品。
すれ違いと衝突、憎しみと悲しみ。家族の深い情愛と結束を描いた豆腐屋二代記。

あかね空(裏表紙より)

希望を胸に身一つで上方から江戸へ下った豆腐職人の永吉。己の技量一筋に生きる永吉を支えるおふみ。やがて夫婦となった二人は、京と江戸の味覚の違いに悩みながらもやっと表通りに店を構える。彼らを引き継いだ三人のこらの有為転変を、親子二代に渡って描いた第126回直木賞受賞の傑作人情時代小説。

レビュー

直木賞受賞作品。

京から江戸にやってきた豆腐職人の二代記。
江戸で成功していく豆腐屋のサクセスストーリーと、深い愛情からくる家族内の揉め事を描いた作品。

物語は二部構成で、第一部は京からやって来た豆腐職人永吉が、妻と出会い、豆腐屋を盛り上げていくものの、やがて歯車が狂い始めていく様子が描かれている。
第二部では、家族がバラバラになった後の兄弟妹に焦点が当てられ、家族の絆を取り戻していく。
起伏富む展開と、家族の揉め事や豆腐屋の危機をどう乗り切っていくのかが興味を惹き付けて、すぐに読み終えてしまった。

山本一力の作品なので、例によって縁と粋で万事がうまくいきすぎる気がするものの、それでも縁と粋を謙虚に受けいれ、困難を乗り越えながら成長していく姿には感動する。
登場人物の努力や、自分たちを気にかけてくれる人々への感謝の思いが清々しい気持ちにさせてくれた。

ただ、死にそうな息子のために「命にかえても大事に育てるから命を助けて欲しい」という母の願かけは十分理解できるが、それがごたごたの原因になったんじゃあどうしようもない、という気がしないでもない。

Comments

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
※コメント欄には、このブログのタイトル(ひらがな)を含めて入力してください。それがコメント承認ワードになっています。

格安スマホのUQモバイル。
ぴったりプランなら無料通話もコミコミ。
月額1,980円(1年間)。

ブログ内検索

最新記事

プロフィール

プロフィール画像:よそすけ

ブログランキング

  • blogramで人気ブログを分析
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 グルメブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

アクセス解析

PR
忍者ブログ [PR]