忍者ブログ

あれこれきまぐれレビュー

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Home > > 小説の周辺(藤沢周平)

小説の周辺(藤沢周平)

2015/09/17 (木) | カテゴリ:本

藤沢周平著『小説の周辺』
エッセイから伝わる藤沢周平の人となり。落ち着いた語り口で綴るエッセイは小説と同じ感覚で読むことができる。

小説の周辺(裏表紙より)

北斎晩年の遣り場のない鬱屈を鮮烈に描いた処女小説「溟い海」は、執筆当時の作者の自画像であったという。当代随一の時代小説の書き手であるこの作家はこれまで自身を語ること希であった。郷里鶴岡と幼少時代、師や友、創作秘話、日常身辺などを簡潔に綴る、作品と併せて読むべき興味津々たる一冊、藤沢ファンには待望の名エッセイ。

レビュー

さまざまな誌面に書かれた昭和五十年から六十年代のエッセイをまとめたエッセイ集。
落ちついた語り口で語られているので小説と同じ感覚で読むことができる。

綴られている内容は、自身の作品のこと、身の回りのこと、歴史上の人物のこと、過去のこと、郷里のこと、読書日記、俳句のこと。
収録されたエッセイからは、藤沢周平の温厚だが少し堅物な人柄が伝わってくる。

【碁の個性】では、同時代の作家・星新一との対局について触れているのに興味を惹いた。
星さんの碁には素姓正しい正統派の印象がある。この碁は打ち込んできた星さんの石を私の石が追い、石が二本の竹のように上へ上へとのびる変な碁になったが、最後に私が一目勝った。
なお、星新一との対戦は一勝一敗だそうだ。
藤沢周平とともに星新一もよく読む作家の一人で、作品のジャンルが異なる二人が顔を合わせて碁を打っている様子を想像すると興奮してくる。

藤沢周平ファンならお勧めのエッセイ集。

Comments

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
※コメント欄には、このブログのタイトル(ひらがな)を含めて入力してください。それがコメント承認ワードになっています。

格安スマホのUQモバイル。
ぴったりプランなら無料通話もコミコミ。
月額1,980円(1年間)。

ブログ内検索

最新記事

プロフィール

プロフィール画像:よそすけ

ブログランキング

  • blogramで人気ブログを分析
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 グルメブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

アクセス解析

PR
忍者ブログ [PR]