忍者ブログ

あれこれきまぐれレビュー

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Home > > 文章読本(丸谷才一)

文章読本(丸谷才一)

2015/11/09 (月) | カテゴリ:本

丸谷才一著『文章読本』
文章の扱い方、向き合い方が濃厚に詰まった文章論。

文章読本 内容紹介(裏表紙より)

当代の最適任者が、多彩な名文を実例に引きながら、豊かな蓄積と深い洞察によって文章の本質を明らかにし、作文のコツを具体的に説く。最も正統的で最も実際的な文章読本。

レビュー

歴史的仮名づかいで書かれているので、ちょっと読みづらい。
文章の構成方法や書き方の解説というよりは、文章随筆や文章論という印象。

文章の構成と技法を体系的に解説している三島由紀夫や谷崎潤一郎の簡潔な文章読本と違って、文章の歴史、文章との向き合い方・考え方・捉え方を滔々と綴る。
そのため、少々回りくどく、読むのに疲れてしまった。

しかし、それも【第八章:イメージと論理】、【第九章:文体とレトリック】、【第十章:結構と脈絡】、【第十一章:目と耳と頭に打ったへる】、【第十二章:現代文の条件】あたりにくると、とたんに興味深い内容になってくる。
特に【第九章:文体とレトリック】では、大岡昇平著「野火」を、
ごく稀なくらゐレトリカルな、しかもすぐれてレトリカルな作品である。
といい、「野火」から多くのレトリックの例文を引用し、濃厚なレトリック技法の解説が展開。
非常に読み応えがあった。

【目次】
  1. 小説家と日本語
  2. 名文を読め
  3. ちよつと気取って書け
  4. 達意といふこと
  5. 新しい和漢混淆文
  6. 言葉の綾
  7. 言葉のゆかり
  8. イメージと論理
  9. 文体とレトリック
  10. 結構と脈絡
  11. 目と耳と頭に訴へる
  12. 現代文の条件

Comments

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
※コメント欄には、このブログのタイトル(ひらがな)を含めて入力してください。それがコメント承認ワードになっています。

格安スマホのUQモバイル。
ぴったりプランなら無料通話もコミコミ。
月額1,980円(1年間)。

ブログ内検索

最新記事

プロフィール

プロフィール画像:よそすけ

ブログランキング

  • blogramで人気ブログを分析
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 グルメブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

アクセス解析

PR
忍者ブログ [PR]