忍者ブログ

あれこれきまぐれレビュー

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Home > > 春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉(藤沢周平)

春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉(藤沢周平)

2015/01/24 (土) | カテゴリ:本

藤沢周平著『春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉』
小伝馬の牢医師・立花登が持ち込まれた相談事に奔走する。シリアスかつユーモラスな時代小説。

春秋の檻―獄医立花登手控え〈1〉(裏表紙より)

島送りになる若者の頼み事。無実を訴える男の正体。御家人毒殺未遂の真相。恋人を刺した女囚の愛憎。さまざまな暗い人間模様が江戸小伝馬町の牢屋に持ち込まれる。小さな罪の背後にうごめく大きな悪。心優しい青年獄医立花登が市井の人情も細やかに、柔術の妙技と推理の冴えを見せて事件を解く時代連作集。

レビュー

獄医立花登手控えシリーズ第一弾。

主人公の牢医師・立花登が、牢に入れられている者たちから相談事を持ちかけられる。
相手は罪人だから、当然危険なことも。
しかし、登は見事な柔術で危機を切り抜ける。

そういう登の躍動感と迫力のある戦いも魅力だが、登の居候する小牧家のコミカルなやり取りが魅力的。
居候先の叔父は、町医者で酒好きの怠け者。
妻は、叔父を尻に敷き、登を居候扱いにして台所で食事をさせる。
そして娘は、母親似の美貌だがそれを鼻にかけ驕慢で、登を呼び捨てにする。

話が進んでいくにしたがって、登と小牧家の関係に少しずつ変化がでてくるので、罪人の相談事と小牧家の様子の二つを楽しむことが出来る。

Comments

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
※コメント欄には、このブログのタイトル(ひらがな)を含めて入力してください。それがコメント承認ワードになっています。

格安スマホのUQモバイル。
ぴったりプランなら無料通話もコミコミ。
月額1,980円(1年間)。

ブログ内検索

最新記事

プロフィール

プロフィール画像:よそすけ

ブログランキング

  • blogramで人気ブログを分析
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 グルメブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

アクセス解析

PR
忍者ブログ [PR]