忍者ブログ

あれこれきまぐれレビュー

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Home > > 時雨みち(藤沢周平)

時雨みち(藤沢周平)

2015/06/01 (月) | カテゴリ:本

藤沢周平著『時雨みち』
はっきりと描いていない結末が柔らかな余韻を産む。

時雨みち(裏表紙より)

にがい思い出だった。若かったとはいえ、よくあんな残酷な仕打ちができたものだ。出入りする機屋の婿養子に望まれて、新右衛門は一度は断ったものの、身籠もっていたおひさを捨てた。あれから二十余年、彼女はいま、苦界に身を沈めているという……。表題作「時雨みち」はじめ、「滴る汗」「幼い声」「亭主の仲間」等、人生のやるせなさ、男女の心の陰翳を、端正な文体で綴った時代小説。

レビュー

田中麗奈主演で映画化された『山桜』の原作【山桜】を含む11編を収録。

ほとんどの作品は明確な結末が描かれていないので、人によっては物足りないかも知れない。
しかし予想のつく終わり方であり、むしろはっきり結末を書かないことで、柔らかな余韻を残している。
何度か読み返すと、だんだんとその心地よさが感じられてくるように思う。

中でも気に入っているのは田中麗奈主演で映画化された『山桜』の原作【山桜】
野江は二度の結婚に失敗した。
一度目は夫に先立たれ、二度目は金に執着する家だった。
姑は意地が悪く、夫は野江の前夫を罵る嫌らしい男で、自分から家を出た。
そんな野江の心には、山桜の枝を手折ってくれた一人の男があった。

人生を回り道をしてきた野江だが、やっと辿り着くべき場所を見つけた。
自分の居場所を見つけた喜び、生涯を共にする夫を見つけた嬉しさが溢れている作品だった。

収録作品

帰還せず、(飛べ、佐五郎)、山桜、盗み食い、滴る汗、幼い声、夜の道、おばさん、亭主の仲間、おさんが呼ぶ、時雨みち

Comments

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
※コメント欄には、このブログのタイトル(ひらがな)を含めて入力してください。それがコメント承認ワードになっています。

格安スマホのUQモバイル。
ぴったりプランなら無料通話もコミコミ。
月額1,980円(1年間)。

ブログ内検索

最新記事

プロフィール

プロフィール画像:よそすけ

ブログランキング

  • blogramで人気ブログを分析
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 グルメブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

アクセス解析

PR
忍者ブログ [PR]