忍者ブログ

あれこれきまぐれレビュー

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Home > > 町奉行日記(山本周五郎)

町奉行日記(山本周五郎)

2014/06/18 (水) | カテゴリ:本

山本周五郎著著『町奉行日記』
揺るがぬ信念が心地よい人々の生きざま。

町奉行日記 内容紹介(裏表紙より)

着任から解任まで一度も奉行所に出仕せずに、奇抜な方法で藩の汚職政治を摘発してゆく町奉行の活躍ぶりを描いた痛快作『町奉行日記』。藩中での失敗事をなんでも〈わたくし〉のせいにして、自己の人間的成長をはかる『わたくしです物語』。嫁婿の過誤をわが身に負ってあの世に逝く父親の愛情を捉えた短編小説の絶品『寒橋』。ほかに『金五十両』『落ち梅記』『法師川八景』など10編収録。

レビュー

どの物語の人物も一本芯が通っている。
そのブレのない生き方に、気持ちよくさせられる。

収録されているのは、かたい作品、ユーモアある作品、切ない作品など、バラエティーに富んでる。
そのなかでも、以下の作品が気に入っている。

【わたくしです物語】
知次茂平は、親友の息子・孝之助の後見を頼まれたが、幸之助は変わった若者だった。
孝之助は、藩中の失敗を自分のせいにし、使番を勝手に辞職し、婚約も断ってしまった。
孝之助の行動に、粉骨砕身、東奔西走する茂平なのだが……。

後見を頼まれた幸之助の行動に振り回される茂平がユーモラス。
そんな茂平の苦労とは対照的に、一本筋の通っている幸之助の行動も気持ちいい。

【町奉行日記】
町奉行に着任した望月小平太。
書役は、新しい町奉行に興味津々だが、新町奉行はいっこうに出仕する気配もない。

そんな書役の真面目な日記と、奉行の不真面目な行動のコントラストが面白い。
日記の締めくくりが、どうにもとぼけていて、ぷっと吹きだしてしまった。

Comments

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
※コメント欄には、このブログのタイトル(ひらがな)を含めて入力してください。それがコメント承認ワードになっています。

格安スマホのUQモバイル。
ぴったりプランなら無料通話もコミコミ。
月額1,980円(1年間)。

ブログ内検索

最新記事

プロフィール

プロフィール画像:よそすけ

ブログランキング

  • blogramで人気ブログを分析
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 グルメブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

アクセス解析

PR
忍者ブログ [PR]