忍者ブログ

あれこれきまぐれレビュー

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Home > > 白い服の男(星新一)

白い服の男(星新一)

2015/08/01 (土) | カテゴリ:本

星新一著『白い服の男』
悪を憎む心の敷衍した世界が、歪な理想に警鐘を鳴らす。

白い服の男(裏表紙より)

横領、強盗、殺人……こんなたぐいの犯罪は一般警察にまかせておけばよい。わが特殊警察の任務はただひとつ――人間が作り出す平和の虚妄性を痛烈な皮肉をこめて描く表題作。男っぽく言葉づかいのぞんざいだった妻が一夜あけるとすっかりしとやかな女になっていた。――軽妙なタッチで医学の進歩の盲点を衝いた『月曜日の異変』。ほかに、『老人と孫』『テレビシート加工』など全10編。

レビュー

全10話のショートショート集。
星新一作品の特徴である意外な結末やどんでん返しは少ない。
誰にでもある正義の心を敷衍して極端な世界を創り出し、行き過ぎた正義の不自然さと警鐘を描いている。

収録作品のなかでも【時の渦】が気に入っている。
ある日、ある日時より先のことを、口にも出せず、考えることもできなくなってしまった。
人々はそれを「ゼロ日時」と呼んだ。
カウントダウンされる「ゼロ日時」への時間。
その日時より先のことを考えることもできないことから、人類最後の日とも噂されるが……。

ゼロ日時を過ぎてから起こり始める現象の意味を突きつけられたとき、もの凄い衝撃を受けた。
ある存在による人類への壮大な仕掛けは、ゼロ日時を過ぎてから動き始める。
星新一の解釈に、ただ言葉を失うばかり。

収録作品

白い服の男、月曜日の異変、悪への挑戦、老人と孫、テレビシート加工、矛盾の凶器、興信所、特殊大量殺人機、ねぼけロボット、時の渦

Comments

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
※コメント欄には、このブログのタイトル(ひらがな)を含めて入力してください。それがコメント承認ワードになっています。

格安スマホのUQモバイル。
ぴったりプランなら無料通話もコミコミ。
月額1,980円(1年間)。

ブログ内検索

最新記事

プロフィール

プロフィール画像:よそすけ

ブログランキング

  • blogramで人気ブログを分析
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 グルメブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

アクセス解析

PR
忍者ブログ [PR]