忍者ブログ

あれこれきまぐれレビュー

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Home > > 織田有楽斎(堀和久)

織田有楽斎(堀和久)

2014/10/02 (木) | カテゴリ:本

堀 和久著『織田有楽斎』
戦いを嫌い茶の湯を好み、逃げの有楽斎にして周旋家の織田有楽斎の生涯。

織田有楽斎 内容紹介(裏表紙より)

兄信長への恐怖心と初陣に味わった人を殺す嫌悪感。有楽斎の生き方は決まった。「弓矢の男にあらず」と陰口を叩かれながらも、茶々姫の後見人として、また、有職故実や茶の湯に通じることで自らの生きる道を見出した。肉親ではなく、権力者として利用する兄と絶妙な距離を保ち、戦乱の世を生きた男の生涯。

レビュー

信長の実弟・織田有楽斎(長益)の生涯を描いている。

織田有楽斎については、信長の弟で茶道に通じ、有楽町の町名となったらしいということくらいしか知らなかった。
それだけに信長、秀吉、家康の時代を生きた有楽斎の生涯は非常に興味を持って読むことが出来た。

茶々の後見人だったり、周旋家として頼りにされていたり、都合が悪くなると姿を消したりなど、家康の時代まで生き抜いた強かさが魅力的。
有楽斎は、当事者とならずに政治から一歩身を引いて、世の中の流れや為政者の行動を冷静に見ていたからこそ、客観的に物事を見ることが出来たし、周旋家として頼りにされたのだろう。

信長を鬼畜・鬼・天魔、秀吉を信長に追従する『人真似猿』で蔑むべき人物、家康を何を考えているか分からない鵺(ぬえ)、と感じる人物評も面白い。

大阪の役後の生活が描かれていないのが残念。
織田有楽斎が大河ドラマになれば面白そうだと思った。

Comments

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
※コメント欄には、このブログのタイトル(ひらがな)を含めて入力してください。それがコメント承認ワードになっています。

格安スマホのUQモバイル。
ぴったりプランなら無料通話もコミコミ。
月額1,980円(1年間)。

ブログ内検索

最新記事

プロフィール

プロフィール画像:よそすけ

ブログランキング

  • blogramで人気ブログを分析
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 グルメブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

アクセス解析

PR
忍者ブログ [PR]