忍者ブログ

あれこれきまぐれレビュー

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Home > > 銀しゃり(山本一力)

銀しゃり(山本一力)

2015/10/21 (水) | カテゴリ:本

山本一力著『銀しゃり』
あぁ柿鮨(こけらずし)が食べたい。

銀しゃり 内容紹介(裏表紙より)

寛政の江戸深川に「三ツ木鮨」を構えた鮨職人・新吉は親方から受け継いだ柿鮨(こけらずし)の味と伝統を守るため、日々精進を重ねていた。職人の誇りをかけて、満足のいく仕事をする。それが新吉の信条だったが、ふとしたきっかけで旗本勘定方祐筆・小西秋之助の知己を得る。武家の借金を棒引きにする「棄損令」に思い悩む秋之助との間に、互いの生き様を通して生まれる男同士の信頼感。住む世界が異なろうとも、そこには己の仕事に命を燃やす男たちの熱い心意気があった。 長屋に暮らす仲間たちと織りなす〈笑いあり涙あり〉の時代小説。

レビュー

柿鮨(こけらずし)に工夫を重ね困難に立ち向かっていく新吉と、世の中の役に立てていないという鬱屈抱える旗本家来・小西秋之助が、交流を重ねることで、それぞれの役目を見つめ直し、建設的に懸命に生きていく作品。

新吉の粋な人情物語は気持ちがいいし、助言を受け工夫を重ねて美味しくなっていく柿鮨の旨さも堪能できる。柿鮨は、読んでいて食べてみたくなるほど。

物語の半分を占める新吉と小西秋之助の柿鮨を通した交流が読み所だったが、急に偶然知り合った母子との交流に話が変わってしまい、二人の気持ちのいい交流はどこへやら。
少々拍子抜けしたものの、最後に小西が再登場し、なんとかまとまった印象となった。

それでも、全体的には爽やかで気持ちのいい作品だった。

Comments

※本サイトと関連のない内容のサイトのURLが入力され、宣伝行為と判断した場合、コメントを削除することがあります。
名前
サイト(任意)
※コメント欄には、このブログのタイトル(ひらがな)を含めて入力してください。それがコメント承認ワードになっています。

格安スマホのUQモバイル。
ぴったりプランなら無料通話もコミコミ。
月額1,980円(1年間)。

ブログ内検索

最新記事

プロフィール

プロフィール画像:よそすけ

ブログランキング

  • blogramで人気ブログを分析
  • にほんブログ村 本ブログへ
  • にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • にほんブログ村 グルメブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログへ
  • にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ

アクセス解析

PR
忍者ブログ [PR]